心臓発作が起きる1か月前から、これらの6つの徴候が起こり始めます。

喫煙、高血圧、肥満、長期的に抱えているストレスは、心臓発作のリスクを高める要因となります。逆に、健康的な生活をおくることや自分を労わってあげることで、心臓発作のリスクを下げることができます。 その症状は、心臓のみに限らず、全身に広がる可能性があります。心臓発作の症状の多くは見過ごされていますが、他の病因とも関連してきます。しかし多くの場合、その症状は実は心臓に関することなのです。早期診断により、よい状態へ回復できる可能性が高くなります。 もしあなたが心臓発作を患ったなら、あなたは発作の1か月前から体が出し始める徴候に気付くでしょう。あなたがこれらの徴候に気付き、それが何の徴候であるか知っていれば、病気が進行しないように対策する時間があります。それゆえ、これらの徴候に気付く事が重要なのです。あなたは命拾いできるかもしれないのです! あなたがこれらの徴候をすぐさま認識できるよう、この6つの徴候は何なのかを見てみましょう。 脱力感 最も一般的な症状の1つは脱力感で体がふらふらすることです。心臓の近くの静脈が塞がれていくので、体は衰弱します。これは、あなたの血液循環と血流が最適ではなくなっていく、という事です。あなたの筋肉に供給される酸素は減り、それにより、筋肉の衰弱や、より頻繁に転倒するという危険性が出てきます。 めまいや発汗 これもまた、血液循環が適切でないことからくる、心臓発作の徴候です。脳に送り込まれる血液が少なくなると、めまいがすることがあります。また、じっとりと汗をかくことがあります。体がきちんと機能するためには、脳に十分な血液と酸素を送ってやる必要があります。 胸部の圧迫感 胸がつっかえると感じる時には、必ず医師の診察を受けることをお勧めします。あなたがリスクの高いグループの一員であるときは特にです。心臓発作の場合には、胸部への圧迫感は増え続けます。胸部の圧力感や痛みは、体の他の部分、例えば腕、肩、背中へと広がることがあります。 その痛みの広がりから心臓発作の徴候を見つけることができれば、治療に間に合わすことができるでしょう。 疲労 あなたは異常に疲れやすいと感じますか?疲労感もまた、心臓内の血流が適切に得られないために起こる症状です。血液の供給がうまく行えずにいるときというのは、心臓は血液を送り続け続けるために、より一層働かされています。これは、あなたが疲れたなと疲労感を感じた時に起きているのです。 風邪かインフルエンザ 心臓発作を患ったことのある人の多くは、心臓発作に至るまでの間にインフルエンザのような症状があったと言います。 息切れ あなたが体から感じ取れるもう一つの徴候は息切れです。血管が狭くなると、肺へと流れる血液は少なくなり、それにより肺の機能を低下させます。あなたの心臓と肺は密接に連携しています。2つのうちの1つがうまく機能しないとき、もう一方にも直接影響を及ぼすでしょう。 これらの症状に気付いたら、すぐに医師に相談することをお勧めします。