心臓発作が起きる1か月前から、これらの6つの徴候が起こり始めます。

喫煙、高血圧、肥満、長期的に抱えているストレスは、心臓発作のリスクを高める要因となります。逆に、健康的な生活をおくることや自分を労わってあげることで、心臓発作のリスクを下げることができます。

その症状は、心臓のみに限らず、全身に広がる可能性があります。心臓発作の症状の多くは見過ごされていますが、他の病因とも関連してきます。しかし多くの場合、その症状は実は心臓に関することなのです。早期診断により、よい状態へ回復できる可能性が高くなります。

もしあなたが心臓発作を患ったなら、あなたは発作の1か月前から体が出し始める徴候に気付くでしょう。あなたがこれらの徴候に気付き、それが何の徴候であるか知っていれば、病気が進行しないように対策する時間があります。それゆえ、これらの徴候に気付く事が重要なのです。あなたは命拾いできるかもしれないのです!

あなたがこれらの徴候をすぐさま認識できるよう、この6つの徴候は何なのかを見てみましょう。